肩こり、腰痛はもちろん、骨盤矯正にも対応!那覇・新都心のカイロプラクティック整体院

患者さんの声

患者さんの声

患者さんの声

★S・Wさん、生理痛がひどく仕事を休む時もある20代女性、頭痛も頻発、那覇市

患者さんの声5

ご利用させていただき一ヶ月程になりますが、体調が改善されていくのが実感できるので、毎回楽しみにしています。

施術だけでなく、身体の仕組みや状態などの説明も丁寧に話してくださるので、安心して施術をうけることができます。

ゆっくり、じっくり、良い体質にしていきたいので、これからもよろしくお願いします。

■手治し堂への要望

身体が冷えやすいので、冷房の調節や布団をかけてくださったり助かっています。いつもありがとうございます。

●手治し堂からの返答

いつも空調の状態は気になっています。私が体を動かし暑くなることが多いため、ついつい低めに設定し勝ちに。患者さんから言い出しにくい時もあるでしょうから、こまめに聞いて、快適な室内をキープしたいと思います。

★H・Iさん、ふくらはぎから下のむくみが辛く、仕事帰りには靴が入らなくなってしまうほどだった30代女性、那覇市

患者さんの声4

内地出身で、おもろまちのDFSで働いています。ずっと立ちぱなしで、疲れてくると、すぐに腰痛になってしまう様になりました。特におしりの仙骨あたりが痛みます。

さらに、むくみや冷えもあります。仕事帰りに靴を履き替えようとすると、入らないぐらいです。

手治し堂で、先に効果が見られたのは、冷え、むくみの方でした。マッサージをするだけでなく、ひざから下の骨を調整をしたり、ヒラメ筋などにも触れ、だんだんと調子いい期間が長くなり、今ではほとんど気になることはありません。

■手治し堂への要望

初めて来た時、看板が小さく駐車場の入口が分かりにくかった。

●手治し堂からの返答

住宅街のアパートのため、見つけにくく、大変申しわけありません。

現在、駐車所の出入口に南向き、北向きの両面から見えるように看板をフェンスに固定しています。ただ、大きさが1m未満となっており、車を運転中では見落としもあるやもしれません。また、位置も低めとなっております。

このHPで、黄色い看板の写真がアップされているので、一見されてから来院していただけたら幸いです。

★T・Tさん、2年以上たっても五十肩が良くならず、この先の生活に不安を感じる50代女性、那覇市

患者さんの声3

2年半前より五十肩で悩んでおりました。

整形外科では、注射や服薬による対処療法中心で、電気治療、牽引等によるリハビリが主でした。

知人の紹介で手治し堂の丁寧な施術と、納得のできる体の仕組みと症状の説明、日々のセルフケアの助言に安心して利用していくことを決意いたしました。

意識して自分の身体と向き合い、身体を鍛えつつ、いたわることは、これからの長寿社会をピンピンと自分らしく生きるための方法を教えてもらえる空間である「手治し堂」だと感じました。

★M・Oさん、新都心公園を走り、足に痛みが繰り返し出た30代男性、那覇市

患者さんの声1

よく新都心公園を走っているのですが、今回は急に右足がしびれました。いつもよりきついなあと思ったけど、たまにしびれていたので、そのまま走り終えたのです。でも、痛みが引かないため、近所の手治し堂さんへ来てみました。

整体、整骨院へは、よく行きます。ただ、足首の不具合を指摘されたのは初めてです。足首のストレッチ法も教えてもらい、家や職場でやってます。

まだ、走ると右のほうが疲れやすいけど、しびれは消え、全体にも気にならなくなってきました。

患者さんの声2

★H・Tさん、股関節に問題があり、いつも腰の同じ所に痛みがある40代男性、那覇市

分かり易く親切に説明してくるのでとても良かった。(幼少時から右股関節に不具合がみられ、歩行に癖がある。全身の右サイド全般に調整)

★M・Mさん、X脚でひざ痛…先生の説明に納得の30代女性(那覇市)

カイロプラクティックは、よく分からないし、敷居が高かったので敬遠していたのですが、初めて受けてみました。

この春に転職して、通勤が車で往復3時間かかり、沖縄の渋滞もあって腰が重くて堪りません。

股関節の回転

先生に診てもらうと、脚がX脚になっいました。どおりで立ち仕事が続くと膝も痛みます。

整体とは違ったやり方もありましたが、痛いことはなく、なぜそうするのかの説明もわかり易かったと思います。X脚矯正は時間がかかるそうなので、しばらく続けようと思います。

★看護師で慢性腰痛の40代女性、那覇市

小児科の看護師をしているのですが、子供を抱くことが多く、慢性腰痛に悩んでいました。デジカメとパソコンを使い、骨盤の状態を説明していもらい、今回で4回目ですが、腰が軽くなって来ました。

二の腕のストレッチ

仕事中でも、立ったままでもできるストレッチを毎回教えてもらい、思ったより効果がありました。運転中の信号待ちでもできるものや、いろいろなパターンが有り、投げ出さずに続けられました。

先生は内地の人で、優しい人です。場所はすぐに分かりましたが、駐車場はアタマから入れたほうが入れやすいと思う。

★走る前の準備運動で腰に「ギクッ」…30代男性、浦添市

那覇の「慢性痛専門」整体!骨盤矯正で腰痛ねこ背にサヨナラ-ランナーマラソン大会に出場するため、かなり本格的に走り込んでいました。でも、今回はランニング中ではなく、筋力トレーニングの最中に右の腰を痛めてしまいました。

ランナー

その日は、ツッパリ感があったので、その後の走る距離は軽めにしました。でも、時間とともに患部の鈍い痛みが強くなり、起ち上がる時とか、寝返りの時にも痛むぐらいになってしまいました。

先生に、右のおしりと左の背中と腰の間を触られ、かなり楽になりました。ブロックという道具で骨盤を矯正し、下半身のバランスを整えてもらいました。

1回目で、動くと出る痛みは消え、3回通って慢性的な違和感もなくなりました。

今は、ランナーに多い膝から下の不調に注意して、たまに顔を出しています。

★K・Tさん、「手術に至らず良かった」。歩くのも辛かった60代男性、(浦添市)

右足を調整する院長

元船乗りさんだったそうで、年令よリずっと若く感じられます。手足の太さは、まだ現役かと思うぐらい。

ただ、ガッチリはしているのですが、お腹にたまった脂肪は尋常ではない。「ここ1年で、急に太ったかな。動いているようで、やっぱり運動不足なんでしょうね」と、本人にも思い当たる節が。

外からうかがい知れる腰の状態も、きつい反り腰。そのため、太もも、すねの脚部前面に必要以上の荷重がかかっている。まずは、その緊張を取ることから開始。

週一回、2カ月かけて、姿勢矯正まで。「本当に楽になりました。今は、距離をコントロールしておけば、気軽に外出もできます。生活上の気がかりが晴れて、とても晴々としています。手術に至らず良かった」と満足そう。

現在は、月一回の通院を続けている。

★K・Kさん、ふくらはぎの冷えでギブアップした40代女性、那覇市おもろまち

ふくらはぎの施術治っては痛め、また治っては痛めを繰り返していたKさん。とうとう、腰だけでなく、ふくらはぎに痛みが広がった、と来院した。

ふくらはぎの施術

触ってみると、ふくらはぎはとても固く、冷たい。もちろん、ふくらはぎと痛みの発端の腰をつなぐ太ももの後ろもカチカチ。

「もう、季節に関係なく冷たいんですよ。だから、沖縄の海だからといっても、全然入る気になってことありません。40代も後半戦だし、もう年なんですかねぇ」

顔の前にかざした手のひらをかざした私。左右にヒラヒラさせ「イヤ、イヤ、イヤ、イヤ」。

40代でトシだなんて、絶対にありません。仕事上の忙しさが集中し、疲れが腰で治まらなくなったのでしょう。

まずは、痛みが降りてきたふくらはぎから。少々時間をかけ、強制的に動かしてみる。

ふくらはぎは、「第二の心臓」とも言われ、下半身に降りてきた血液などを上半身に戻すエンジンになる重要な役目がある。

「ジンジンと張ったような痛みもなくなったし、冷たさも忘れるぐらい。今は、本来の腰の治療が楽しみです」

大事な人のために元気でいる。

これも、40代女性の立派な目標。

★O・Kさん、病院では異常なしの40代女性、那覇市泉崎

整形外科でのレントゲン検査では「異常なし」だった40代女性。こんな人、実に多いですよね。

そうは言われても、痛いものは痛い、って。

ハイヒール

思い返すと、2年以上前から、慢性腰痛が続いているそうです。最近では、椅子から立ち上がるときも、気合を入れないと、動きが止まってしまうほど。

「接客業なので、ずっと立ちっぱなし。しかも、ハイヒールなんです」。確かに、背中の起立筋群がガチガチ。腰もそっくり返っていた。

家では2児のお母さん。子育てにも、手は抜けないと言います。

どうにも、休まる時はないようす。そこで、人が立ったり歩いたりする時に働く、おしりの大殿筋、中殿筋、小殿筋(大から小へと深くなり、すべて重なっている)を集中的に施術した。

「骨に異常はないわけだし、これぐらい頑張らなきゃ、と少し軽く見過ぎていたようです。おしりから腰にかけて余裕もでき、背中も楽になった気がします」

★Y・Tさん、先生の施術と人当たりは、とてもソフトと言う30代女性、那覇市首里儀保町

今回は、デスクワークで背中に違和感が消えなかった30代OLさんからメールで感想をいただきました。

状況に合わせたストレッチで、かなり改善。骨盤矯正にも取り組み、本格的に治そうとしている女性です。

首の調整

一日中、デスクワークです。もちろん、途中で背伸びなどもするのですが、なんだかスッキリしません。さすがに、立ち上がってストレッチをするわけにもいかないので、夕方はとてもキツイです。

通勤もクルマだし、休日は疲れて、あまり出歩きません。先生に言われて気づいたのですが、確かにほとんど歩いていないんですね。

ネットで「地域サービスデー」を見つけ、行ってみました。

背中の緊張を解く施術をしてもらい、職場で座ったままでもできるストレッチを教えてもらいました。今では、「もう限界」という感じはなくなり、次の段階に進みました。骨盤の矯正をしてもらっています。早く健康を取り戻したいと思っています。

先生は、施術も人当たりも、とてもソフトです。

★N・Aさん、だから、ねこ背は「スタミナを奪う」…30代女性コールセンター勤務、那覇市安謝

今回は、体力不足で日々、青色吐息30代女性。でも、その体力不足は、ねこ背からきていたのです。

ネコの背

「どうにも疲れやすくて」
「休みに日は寝てばかり」

特に強い痛みがあるわけではないけど、夕方になると、週末が近づいてくると、もうヘトヘトだそうです。そこで、慢性的な状態が気になって、手治し堂を来院してくれました。

確かに、ヤセ型で余計な肉は付いていないタイプ。でも、その声のか細さ…、アゴが出たシルエット…、どうにも力強さが感じられません。

まずは、そのアゴを引っ込めることから。次に頭を天から引っ張り、背筋を伸ばす。同時に、鎖骨周りの胸を開き、腹部の横隔膜にも動きをつけていきます。

すべて、イメージですが、この方向で少しずつ、ねこ背を正していきます。すると、どうでしょう、腰から脚の位置関係まで改善され、気合を入れなくても、スッと立てるのです。

「日々の生活がすごく楽になりました。まさに、息切れしない感じ。とにかく、スタミナが一日保つのが嬉しくて」と彼女。「先生の言う理想の立方に近づいてきました。歩くのも早くなったみたい」

そうなんです。ねこ背というと、特に女性は見た目のスタイルを気にするでしょうが、本当の問題は、体力が弱ってしまうことなのです。

ねこ背の人に共通して言えるのは、肺活量が少ないということ。両肩が前にかぶさるため、肺の活動範囲が狭まってしまいます。

すると血液に新鮮な酸素が供給されず、ひいてはスタミナ不足となります。走る時、か細い呼吸でOKの人はいませんよね。アコーディオンを小さく動かし、大きな音を出そうとしても難しい。

息をするということは、血液を通して、酸素をカラダ中に届ける。生きる活力は、ここから生まれます。

★肩の高さの違いにビックリ…40代女性主婦、那覇市銘苅

今回は、当院のデジカメ、PC写真分析に驚き、やる気を出した主婦からメールをいただきました。

姿勢モザイク

肩腰にかぎらず、カラダ全体の右側に鈍い痛みや重さがあって、手治し堂さんにお世話になりました。

右肩がこるのも、右利きだからかなあと、思っていました。でも、手治し堂さんで写真をとってもらいビックリ。肩の高さがすごく違っていたのです。

自分の後ろ姿を、まじまじと見たのは初めてです。「デジカメで撮ってもらった後ろ姿、横の姿に、パソコンで線を引いてくれました。肩や腰の高さ、首の傾き。そして前後も、よく分かります。頭が前に出ているなあとか。歪みを目に見える形で、チェックしてもらい、大変参考になりましたました」

私は、左肩がずっと上に。そして、逆に腰は左側が下に。ちょうど「C」の字を書いたようです。

実際の状態を示されたことで、本気で治したいと思いました。

★S・Jさん、首こりでもスマホが手放せない10代女子高生、天久

今回は、めずらしい10代の患者さんのお話です。10代だけではなく、特に若い人には同様の状況が多いと思われるので、注意が必要です。

ストレートネック

カイロ、整体とはいえ、10代の患者さんが訪れることもあります。

元はといえば、お母さんが通院していたので、身近な「紹介者」が伴って来てくれました。

このお嬢さん、何かというと、強烈な首・肩こり。もう年令なんて関係ありません。

検査すると、典型的な「ストレートネック」。

積み重なった7つの首の骨が、本来持っているべき緩やかなカーブを失った状態です。首から頭にかけ、斜め前方へ真っ直ぐ出てしまっているのです。

そして、そのままでは前が見にくいので、アゴを上へ。後頭部の頭蓋骨と首の一番上の骨がせめぎ合うほど。血液、脳脊髄液、神経などなくてはならない伝達も滞り、もう頭部はどんよりしているに違いありません。

「首から上は、いつも重くて。目も疲れるし…。ただ、原因は分かっています。スマホですね。自分でも分かっているし、お母さんにも注意されるけど、なかなかやめられないのが女子高生なんですヨ」。症状は問題だと思っているけれど、発端をあまり問題視していない感じも。

沖縄の人は、あまり目にしたことはないと思いますが、内地の電車では、スマホ・携帯に見入った「おじぎ族」がずらりと並んで座っているのが当たり前。

その是非、賛否は別の機会として、このお嬢さんには体調を取り戻してもらわなくてはなりません。

当院で一番キツイねこ背の矯正を行ったところ、目に見えて回復。ここばかりは、若さを見せつけられました。

本人も“変化”にビックリ。「とても楽になりました。頭が空から引っ張られているみたい。背中にあった痛みも消えました。スマホの時間を少しは勉強の時間に振り向けたいと思います」と、よそ行きの優等生の感想を残し帰路へ。

なんか、また来てくれる気もするのですが。

★Y・Hさん、2人目を産んで腰がパンクした30代女性、安謝

きょうは、2人目を出産後腰痛が抜けない30代女性の感想です。

3才と11カ月の2児の母です。以前も腰が痛むときはありましたが、一晩寝れば、だいたい治っていました。しかし、2人めを産んでからは、どうにも腰痛が抜けず、いつも腰が重い慢性状態になってしまったのです。

手治し堂の院内

産後のどうのこうのではない、と先生にも言われました。根本的な運動不足、筋力不足だったのです。

那覇の「慢性痛専門」整体!骨盤矯正で腰痛ねこ背にサヨナラ-院内ベッド学生の頃から、運動は嫌いでした。そして、恥ずかしながら、今は体型も変わりました(要は太った)。そこに2人目です。

赤ちゃんの世話をしている時、上の子をつい抱き上げてしまいます。そのほうが、早く移動できたり、お兄ちゃんに余計なことをさせないためです。ついつい、小脇に抱きかかえ、身体を捻ったりします。

これが、腰に響くんですね。

先生には、下半身全体、特に太もも裏の筋肉と内ももの筋肉が弱っていると指摘され、施術を受けました。痛みもとれたし、通っているうちに、姿勢も良くなりました。ダイエット効果はまだですが。

これからは、育児のあい間に、教えてもらったストレッチ、筋トレをやっていきたいと思います。

手治し堂さんは、1対1の専用スペースなので、子供を連れて行っても気になりません。泣いてもOK。子連れのお母さんには、気後れしなくて、いい所だと思いました。

★M・Mさん、ひざに痛みが出たら危険サイン…60代女性、那覇市天久

今回は、ひざに痛みが出た60代の患者さんのお話です。ひざは、いったん痛みが出ると運動をセーブしてしまい、どんどん悪化の道をたどるという厄介な一面もあります。

ひざの痛みがひどく、歩く気にならなくなったという60代女性。

聞けば、以前は腰痛だったそうです。そうなんですね、ひざが悪い人は、腰か足首のどちらかに、不具合を持っていることがほとんど。ひざが先に痛み出す人は、私が向き合った人では少数。

それだけに、ひざに痛みが出た人は気を付けてほしいものです。追い込まれていますよ。

ひざの施術

特に、沖縄の人は歩く機会が少ないように思えます。また、長寿の郷と言われながら、けっこう肥満体型の人も多い。これ、ひざに来ますから。

この患者さんのひざ痛は、幸いにして初期段階。太ももの骨とすねの骨の関節に十分な“遊び”を取り戻してやることで、かなり回復しました。

「階段も怖くなくなりました。降りるときも大丈夫。正座もできるしね。先生の言うように、やっぱり、トシで太ももが弱っていたんでしょう。腰への負担が耐え切れずひざに出たみたい。手治し堂さんで、良くしてもらったうちに、教えられた運動で太ももを強くします」と、元気も回復。

今では、新都心公園を歩くのが日課と聞きました。

★H・Tさん、むくみはふくらはぎから疲労のSOS!40代女性、那覇市曙

ふくらはぎの調整

きょうは、むくみに悩む40代女性。当院の「疲労回復、ふくらはぎ攻略コース」を利用してくれています。

著しい痛みを伴わない分、深刻さが浅い「むくみ」。でも、油断は大敵。大きな病気のサインの場合もあるから注意が必要だ。

まあ、そこまでいかなくても不快で、見た目も悩ましいもの。冷え性と併発し、来院する人は多い。

曙の40代女性も、その一人。本人曰く、むくみ家系で、立ち仕事に、更年期など、むくみが悪化する予備軍ともいえます。

カイロプラクテックの骨格の観点から見れば、ひざ下の2本の骨が離れてしまうのに問題があります。特に外側の細い方(ひ骨)は、疲れくると外へ後ろへとズレて、ふくらはぎが膨らんで、静脈やリンパ管の働きを阻害してしまいます。

このひ骨を中心とした、骨格調整にカイロマッサージで、むくみを退治。同時に冷えにも効果が見られます。

「治療というか、とても気持ちいいです。ひざ下がスッとし、シュッと締まる感じ。短時間なので。特に疲れたなあという日は、仕事帰りに寄ってます。ここは遅くまでやっているから」と、いまでは常連さん。

当院では、この「疲労回復、ふくらはぎ攻略コース」を用意。30分、2500円(初見料等はなし)で、受け付けています。メインのコースとは違い、手軽にピンポイントで、元気を取り戻したい人。腰痛・姿勢矯正を卒業した人に好評を得ています。

★N・Rさん、外反母趾から姿勢を崩し、歩行困難になった30代女性、那覇市安里

足指の調整

今回は、外反母趾から歩行困難になった30代女性からメールでいただいた感想です。外反母趾は、放っておくと、歩き方、姿勢が崩れてしまうというお話です。

20代のいつごろだったか忘れましたが、その頃から外反母趾になっていました。ただ、特に痛かったわけではないので、そのまま過ごしていたんです。

気になり出したのは、半年ほど前。どうにも、たまらなくなったのはここ2カ月ぐらいでしょうか。

足先だけでなく、ひざの外のすねの骨の出っ張りが痛みます。

外反母趾イラスト

確かに、ハイヒールや歩きにくい靴を履くことも多いですね。仕事で必要なものですから。そのうち、長く歩くと、スニーカーでも辛くなりました。

先生によると、痛みが出てから、足の小指側に力を入れて歩くようになり、ひざ、股関節、脚全体の外側に負担がかかっているのだとか。

バランスを取るために、後ろ体重、ひざを常に曲げた状態になっているそうです。

足の親指はもちろんですが、足の裏、ふくらはぎから太ももの外側まで、マッサージや施術をしてもらい、とても気持ちよく、楽になりました。

外反母趾そのものはまだでも、脚の不快感は消えました。これからは、外反母趾の治療に頑張りたいと思います。

★Y・Tさん、トレニーニング中のちょっとしたことで背筋痛になった40代男性、那覇市安謝

きょうは、珍しいケースですが、体力に自信がある人ほど、頭の片隅に置いておいて欲しい話しです。

おそらくは通常、姿勢も良く、張りのある人物像と思われる40代の男性が来院した。その姿は、腰をかがめ、かばうように手は右腰に。足元もソロリソロリとした足取りで。

体力には自信があったそうです。学生時代はサッカーをやり、社会人となってからは、少人数でもできるテニスを10年以上続けている。そして、ジムも好きで、必ず週2回は足を運ぶほど。

仙腸関節男性

“事故”は、そこで起こった。

ベンチに仰向けになり、ベンチプレスを上げていた。決して、限界に近い重量ではなかったそうだ。

その時、ひょんなタイミングで、軽い咳込みと唾を飲み込む事態に。限界重量でなかったのが、逆に災いする。

「意識が喉に行ってしまい、気がついたら腕の力だけで、ウェイトを持とうとしていました。でも、背筋を使わなくては無理なんですよね。慌てて力を込めたけど、背骨の右側を上から下へ、ピキッと痛みが走ったんです」

耐えられないというほどの痛みではなかった。けど、気持ちも乗らないので、その日はトレーニングを中止。強い痛みが男性を襲ったのは、ひと晩明けてからでした。

筋肉の質には問題はない。ただ、テニスを熱心にやっているためか、右サイドの発達が進み、左右のバランスが悪かった。

今回は、患部の周囲、背中や肩、胸、後はお尻から太ももの緊張を緩める。

「油断していたわけではないけど、先生からは疲労との付き合い方を教えてもらいました。今まで、あまりクールダウンに時間を費やす方ではなかったので。手治し堂さんには、筋力強化ではなく、筋肉を柔軟にする器具やグッズも多く揃っていて、体験したり使い方を教わったりさせてもらいました。気に入ったのは購入しようと思っています」とYさん。

方向性は間違っていないので、注意深くトレーニングを続ければ、まだまだ10才若いカラダをキープできることでしょう。

★アナタは共用のタオルで我慢できますか?

タオル・キープ

今回は、当院の“タオル・キープ制”について。

手治し堂は、ワンクラス上の整体院を目指しています。

そこで、当院では“タオル・キープ制”を実施。新品のタオルに名前を記入し、その方専用で利用してもらっています。

「他人と使い回しは、気になると言えば、気になる、専用タオルなんて、ちょっとリッチな気分」と、40代の女性患者さん。

他院でよく使用されているフェイスペーパーは、ガサゴソ音がするし、固く、またすぐにズレて何度もヘッドピースに戻さなくてはなりません。

もちろん、口紅やファンデーションにも影響があり、化粧崩れは避けられません。

タオル・キープの対象は、回数券購入者とメンテナンス会員のみなさん。やはり、女性患者さんから好評を得ています。

このタオル(マイクロファイバークロス)の特徴は、繊維が髪の毛の1/100の太さということ。

美容用品の一環として、角質取りや毛穴の汚れ取り、またその吸収性、速乾性を活かし、赤ちゃん用巻タオルなどに利用されています。

フェイスタオル

一般の天然繊維とは違い、原糸の断面が三角形で皮膚に接すると、皮膚についている異物質に対しては磁石のような作用をして、化学洗剤がなくても水だけで完璧に汚れを除去できる長所があるそうです。

まあ、よくわかりませんが、要は細くて、柔らかく、吸水性が高いということ。触れた感じは、薄いのにとてもしっとりしています。

★M・Nさん、ベッドを代えたら腰が痛み出した50代女性、那覇市古島

今回は、言われてみれば、大いに有り得るというお話です。ベッドを代えたことをきっかけに腰痛になってしまうとは…。

寝起き

タタミと女房は新しいほうがいいという“学説”もあるようですが、ベッドは新しければいいというものではないようです。

枕を含め、マットレスの固さが、その人の状態に合っているかが安眠の命。背骨が持つS字カーブを、寝ている間に崩しては欲しくないのです。

「使い始めて数日で違和感が出てきました。朝起きても、全然疲れが抜けてなくて。それどころか、腰がドンと重くて、しばらくは動きたくない感じでした。だからといって、もったいなくて戻すわけにもいかないし、それに古いのは捨てているから。ひと晩試用できるわけではないので、ベッド選びは賭けですね」とMさんは眉をしかめた。

検査してみると、もともと反り腰とねこ背が強いタイプ。先進機能のマットレスが生み出すホールド感に、腰がビックリしたのでしょう。慣れれば、良い方向に修正されると思います。

決してムダにはなりませんよ。

腰より少し上の、ダメージを受けている背中下部を、集中的に施術。併せて、就寝時の枕の高さを調節したり、ひざ下に毛布を折り込むなどして、ベストポジションを探ってもらいました。

「起きた時の気分は、変わりましたね。ひざ下の毛布も知らないうちに蹴飛ばしているから、かなりしっくり来たのかな。今は前後のバランス、姿勢の矯正を受けていて、起きている時の過ごし方も快適になっています」と、Mさんから嬉しい感想をいただきました。

★U・Sさん、むち打ち症の現実にビックリ…40代男性、那覇市真嘉比

きょうは、慢性痛の主役級の一角、むち打ち症。なかなか回復しない鈍痛、モヤモヤに苦しむ40代男性の症例です。

むち打ち

治療のため整形外科を始め、多くの院を転々として3年。以前、住んでいた内地では、カイロプラクテックとの相性が一番良かったということで、ネットで見つけて来院してくれました。

「疲れると、どうしても頭が重くなってくるんです。きつい時は、吐くこともあります。あとは、肩から腰にかけて不快感が。コリ・痛みというより、じわっと貼り付いて取れない感じかな」

子供の頃から空手をやっていたそうで、衝撃には強いはずが、思うようにいかないものです、と苦笑い。

首の調整

ただ、事故時の様子を聞くと、どうにも話が噛み合わない。むち打ち症と聞くと、つい追突されたものと思い込んでしまったのだが、なんと交差点で追突した方なのだという。

確かに、突っ込むということは前方不注意。カラダが衝撃を受ける準備をしていなければ、空手も受け身も意味がない。

やはり、聞いてみなくては、わからないもの。いろんなケースがあるものだ。

当然、施術は首・肩中心になるが、Uさんはことのほか股関節が固かった。つまり、骨盤の緩衝地帯となる仙腸関節に動きがないということ。立ち姿も、反り腰で極端な前のめり。

足首も固いため、上から下から同時に調整。「来れば格段に良くなるのは明らかです。でも、仕事が忙しくてね。どうしても、限界になってから顔を出す感じで、すいません。先生には少し集中した方が、必ず良くなるって言われているんですけどね」

来院の間隔は、着実に広がっているので、改善の兆候として見守っていきたい。

★A・Sさん、ゴルフによるひじ痛…せっかく好きになったのにと嘆く…40代男性、浦添市勢理客

沖縄が日本中に誇れることのひとつに、ゴルフの強よさ・好環境があります。宮里家の人々に一歩でも近づきたいと、クラブを握ったAさん。でも、現実は厳しい。好きなゴルフとひじ痛の狭間で揺れ動くこととなったのです。

ゴルフ・ショット

「年令と体力と、タイミングがピッタリだったのか、やり始めたら面白くてね。もうバンバン打ち込んでいました。ただね、悲しいかな初心者なので、強烈にダフる(ボールより先に地面を叩いてしまうこと)し、グリップが強すぎたのかもしれません。1カ月ぐらい経った頃かなあ、左ひじのが痛くなりました。クラブを振る時だけですが、そのうちしびれも出てきて…」

右利きのAさんの左腕は、クラブを振り下ろしながら、ひじ、腕を伸ばして行きます。そのまま最下点で、今度は左ひじを支点にして、外方向へ左ひじより先を回し上げて行く動きに。

たとえば、漫才でコンビの右側に立つ演者が、オチで「いいかげんにしなさい」と相方の胸を叩くようなもの。わかるかな?

この動きのエンジンになるのは、上腕三頭筋。二の腕の外側、そう女性が“ふりそで”と命名し忌み嫌うとこです。クラブを振り下ろすまでは、猛烈な勢いで三頭筋は縮みながらひじを伸ばしてい$那覇の「慢性痛専門」整体!骨盤矯正で腰痛ねこ背にサヨナラ-ゴルフ・ホール小きます。そして、ひじが伸びきったところで、急停止。今度はひじを曲げるために三頭筋は伸びていきます。

これが、ひじには大きな負担。Aさんの左ひじも、動きに耐えられず、悲鳴を上げました。

この筋肉とひじ関節を調整。しびれも出ているので、首から腕を伝わている神経を疑い、首の付け根の施術も併せて行いました。

ゴルフ・ホール小

「通院の回数と反比例して、練習も再開。今は、練習をセーブしながらも週1回やってます。しびれも消えたし、痛みは出なくなりました。海に向かって、ビッグドライブを放つ日も近いと思います、ハハハ」とAさんに笑顔が戻った。

初心者だったぶん、「違和感」に正直だったのと、早くゴルフを再開したいという目標があったので、思ったより早い回復となりました。

★H・Kさん、テニスは楽し、でもひじ痛は辛しの30代女性、那覇市首里桃原町

今回は、テニスに熱中するあまりひじ痛を患った30代女性からいただいた感想です。

子供も小学校に入り、少し手が離れたので、学生時代にやっていたテニスを再開しました。もう気分は女王・ヒンギスです。

テニス

このまま運動不足のまま40代を迎えるのは避けたいと思い、テニスサークルに入会しました。似た環境の人も多く、すぐに仲間ができたこともあり、週3日は通っていたでしょうか。

学生時代にラケットを握っていたので、気おくれはありません。コートの中は、日頃のストレス発散に最適のところになりました。

ただ、しばらくすると、右ひじが痛み出したのです。

先生の話によると、若かった頃は、左サイドに来たボールにも、素早く回りこんで対処できたものが、やはり年のせいでしょうか、バックハンドで凌ぐことが多くなったのが原因ではないかと。情けないことに、足がついていかないんですね。

十分なバックスィングを取れずに、インパクトの際、ボールの勢いにラケットが負けて、ひじがグラついたんだと思います。右ひじ外側の上、典型的な「テニスひじ」でした。

ひじの調整

せっかく始めたのに止めるのも惜しいと思っていたら、テニス仲間の知人から手治し堂さんを紹介してもらいました。

ひじだけでなく、手首とひじの間にある2本の骨、またその周りの筋肉を触りました。あとは、手首と肩、肩甲骨と治療。最後はテーピングで保護してくれました。

3回目で痛みも消え、ずいぶん楽になりました。今では、フォアハンド中心に楽しんでいます。いずれは、素早く走って、バックのスィートスポットに入れるように頑張りたいと思います。

★O・Mさん、偏平足の痛みは、足でなく腰に出る? 40代女性、那覇市泊

足の裏

これをメインにカイロ治療院に訪れる人はあまりいない症状に、偏平足があります。しかし、疲れやすい人に、意外と偏平足は多い。いや逆か、偏平足の人は疲れやすいのだ。

土踏まずがない人には、共通の傾向が見られる。スネの筋肉、ふくらはぎの筋肉が弱っている人。足の裏の筋肉の動きが悪い人。足底のクッション性が低いため、足首がねじれていたり、固い人。ひざが痛い人。食生活にもクセが。甘いモノが好きな糖尿病気味の人は、筋肉が固くなりやすい。

どれもこれも疲労のタネだ。

慢性腰痛で来院中の40代女性も、やはり偏平足だった。

「子供の頃からですね。プールの授業で、足跡で笑ったものでした。でも、慢性疲労の原因のひとつになっているのなら、まじめに向き合わないとね」

特段、痛みを伴わい偏平足だが、放っておく手はない。

★S・Mさん、「ゆ着」が犯人の四十肩は左手から忍び寄ってくる 40代女性、那覇市上之屋

肩痛

慢性痛の両巨頭といえば、肩と腰。なかでも四十肩に苦しんでいる人は多い。外出時に背負ったバッグのポケットに、手を伸ばそうとして、「ウッ」となった、Sさんもその一人でした。

「背中側だけではありませんでした。シンクの上の棚に食器を上げるときも、利き腕の右でやっていたから、気付かなかったんですね。それからは、左手に負担をかけるたび痛くて」と、Sさんは文字通り肩を落とす。

何でも利き腕で対処してしまう人はいるもの。ただ、四十肩は体内組織の「ゆ着」が原因なので、動かさないとドンドン悪化してしまいます。

肩甲骨の調整

「その後は寝ている時でも、左側を下にするだけで目が覚めてしまいます。頭の重みが、痛みのスイッチを押すみたいに」

整形外科にも行ったが、「あまり相手にされず不満」ということで手治し堂へやって来た。

当院では、「痛いことをする」のは、脳に痛みを必要以上に記憶させるだけなので、その手前で止めるのをモットーとしています。ただ、四十肩は「ゆ着」が犯人なので、どうしても局部の「はがす」という過程が必要になります。

その旨を了解してもらった上、患部周囲の首から肩甲骨の動きを取り戻す施術も継続。少々時間を要したが、Sさんは6回ほどで痛みも消失。「気をつけ」で知らないうちに前方へ出ていた右肩も後方へ下がり、きれいな立ち方になった。

★四十肩に勝てる「マエケン体操」

22年ぶりの日本シリーズ出場を目指した広島東洋カープ。残念ながらCSで、ジャイアンツの返り討ちにあってしまったが、久しぶりに生きのいい姿を見せてくれました。

その原動力となったのは、今季3度目の最優秀防御率に輝いたエース前田健太。彼の“キャッチ”といえば、「マエケン体操」です。

きょうは、四十肩・五十肩に苦しむ人に、せひエースの片りんを学んで欲しい。

マエケン

「強肩」「地肩」「鉄砲肩」など、野球の投球を「肩」で言い表すことは多い。けれども、実際の動作で言えば、「肩関節」より「肩甲骨」によることが大きいのです。

それを、一目瞭然で教えてくれるのが「マエケン体操」。

やり方です。これから、甲子園を目指すわけではないので、必要なところだけ言うと、足を肩幅で開き、立ったまま前かがみになります。そして、両手をクロールのように回転。この時、意識は腕でなく、肩甲骨に持ってきて下さい。腕からつながった肩甲骨が背中の上を滑るようなイメージです。

実際はもっと複雑で、ひじを巧みに動かし手首にも回転を与えます。まあ、これができればプロで二ケタ勝利も目前(笑)。

そこまで行かなくても、肩甲骨に動きを与えられるだけで、四十肩に勝てることは確かです。

さらに、女優の北川景子が10日、沖縄テレビの「笑っていいとも!」で、肩こり解消のため、「マエケン体操」を行っていると話していた。もしかしたら、美容にも効果があるのかもしれない。

★N・Kさん、寝ている時のこむら返りに不快感満点の50代男性、那覇市前島

主訴といわれるメインの症状ではないが、慢性痛に悩む人の多くが、「あ、それからね~」と付け足す症状に、こむら返りがあります。

腰痛で来院したNさんも、眠っている時に襲ったこむら返りに、ことのほか不快感を訴えていました。

「ひどい時は両足ですよ。ビ~ンとね、痛いのなんのって。こっちは無防備だから。いつ来るかと思うと、眠れませんよ」と、問題の腰痛より熱が入る。

ふくらはぎが痙攣するこむら返りにはいくつかの原因が考えられます。

那覇の「慢性痛専門」整体!骨盤矯正で腰痛ねこ背にサヨナラ-横位置ベッド

横位置の施術

基本的には

・日頃の運動不足

・筋肉の疲労

・水分不足や塩分不足など体質のバランス異常

さらに、繰り返し起きる場合は

・糖尿病、動脈硬化など病気の可能性

・降圧剤、抗高脂血症剤など薬による副作用

・妊娠中も多くなる

細かいですが、寝ている時なら、掛け布団の重さも関係します。重い布団を使っていると、明け方まで、つま先、すねは伸ばされ放し、逆にふくらはぎは縮んだまま。長時間、同じ状態というのはいただけません。

Nさんも「確かに、朝方が多い気がしますね。これから、冬に向かうともっと布団が多くなるので、気を付けなくちゃ」と思い当たるフシも。

もちろん、腰痛からくるストレスなど、こむら返りは昼間でも脳からで出る信号の狂いで、すぐに起こってしまうすものです。

当院では、腰痛治療と併せて、こむら返りに対し、局部マッサージ、ストレッチ、ツボへの刺激などを行っています。

ですが、効果が大きいのは、問題の就寝前。

ストレッチ法やツボの場所を書いたペーパーを渡しています。これらの主訴とは言い難いトラブルは、セルフケアこそ効果が出るものと知って下さい。ご本人による、いたわりが一番のクスリになるはずです。

★U・Kさん、行き詰まった不妊治療にひと息…30代女性、那覇市

きょうは、ご夫婦で不妊治療に取り組んできたUさんからメールで頂いた感想です。残念ながら、即、万々歳とは至っていいないのですが、とても嬉しい内容でした。ありがとうございます。

40に乗っかった主人と、30代に引っかかっている私の夫婦です。数年前から本格的に不妊治療に入ったのですが、思うような結果は得られていません。

ひと通りのことは試しました。それがダメなので、また検査です。でも、最初からそうだったように、2人とも特に異常はありませんでした。

すると、もちろん口にはしませんが、なんとなく病院の方もやり尽くしたような、諦めたような、ちょっとお手上げな感じになったのです。もしかしたら、私たちの焦る気持ちが、そう思わせているだけかもしれませんけど。

海岸の二人

とにかく、どこがいいところはないかと探しました。

知人の不妊だった知人が、腰痛を治してもらったところ、そのまま妊娠もしたという話を聞いてやって来ました。

私も腰痛持ちでしたから、失礼ながらダメモトでもいいや、という気持ちもありました。

先生には、いろんな話を聞いてもらいました。施術を受ける時間より長いぐらい。先生も不妊治療の経験があるそうで、夫側の気持ちも聞けたりして、大変参考になりました。

私たちは、妊娠の知識ではもはや人並み以上です。さらに医学的なことや、一般論に触れられても、正直うんざりしているところもあるんです。

周囲の事とかで、なかなか言えない話ってあるんですよね。両方の実家の事とか、夫にもストレートに言いづらいことなど。聞いてもらうだけで、ずいぶんとスッキリします。

いきなり朗報とは行ってませんが、不妊治療に行き詰まった人には、こういう「場所」って、貴重だと思います。

★O・Tさん、ひじが完全に曲がらず、伸びず痛い 30代女性、那覇市の書店勤務

文字サイズ:

野球選手は肩、ひじ、サッカー選手はひざに。
やはり造りも複雑で少々弱い所に、選手生命を脅かす故障が起きやすいようです。

この仕事をしてても、ひじが痛くて整体院に駆け込む人はあまりいません。
ひざと違って、体重が掛かるわけでもなく、歩けなくなるわけではないからでしょう。

ただ、肩・首に問題がある人、手首を動かすと痛みが発生する人で、ひじも調子が悪い人は意外と多いものです。

ヒジ関節の調整

那覇市内の書店に勤める30代女性・OTさんもその一人でした。

ここのところ、「ひじを曲げても、伸ばしても、最後のところでブレーキが掛かったようで、伸ばすと痛いんです」と、ついでで申し訳無いといいながら話してくれた。

特に痛むのは、利き腕の右。

聞くと、書店の本棚に本を並べる作業が結構キツいようだ。
目的の書籍を抜いたり、挿したり。多いと数冊まとめて。

「1冊の重さは大したことないんですが、長時間だとね。あと、だんだん足を使わなくなって、右に左に移動せず、身体を伸ばしたり、ひねったりとかして…。本の入れ替え作業の多い日は、腰から腕がジーンと重くなってしまいます」

ヒトの関節にはいろんな形があります。球状になった片方と臼状の受け側で対になったもの。
肩や股関節ですね。多様な動きに対応できる可動域が特徴。でも、不安定な面も。

これに対して、ヒジ関節は一方方向にしか動きません。パタンパタンと折れたり伸びたり。
ただ、動きが単純な分、安定性、正確性が求められます。

そのためびじの骨には、上部の上腕骨に2箇所の凹み、下部の尺骨に2箇所のフック(出っ張り)があります。これが、ひじを曲げた際、内側の2箇所が凸凹と嵌まり、腕を伸ばすと外側の2箇所が嵌る。
これで、ひじを正しい位置に誘導して固定してるんですね。

前腕屈筋群

Oさんは右手の親指と他の指で本を挟む作業をやり過ぎた。
前腕の屈筋群が疲れ、右の手先(親指側)が筋肉の付着する上腕骨内側上顆(小指側)に引っ張られていたんです。

ちょうど、ヤンキースのマー君が痛めた場所でもあります。
Oさんもここが原因で、腕が微妙にねじれ、ひじ関節のフックが上手くはまらなかったり、抜けなかったりしたのです。

そこで、前腕の筋肉を緩めると共に、ひじ関節の動きを誘導してやると、ひじはスッと折れ、腕も伸びました。

「なんか、つまりが取れたようです。元に戻るとなんて事ないんですけど、ひじも違和感があると手を使いたくなくてってしまうんですね、これからは教えてもらったケア方法で、疲れてるなと思ったら予防します」と笑顔に。

powered by QHM 6.0.5 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional